楽天などで買うと損!パースピレックスローションの使い方や口コミ!

The following two tabs change content below.
うみ

うみ

子育て奮闘中の美容ライター。若い頃にスキンケアをサボっていたツケであるシミ・そばかすが悩み。実年齢より若見えの肌を目指して美容用品をレビューしていきます。ストレス発散はカラオケに行く事。

手のひらと足の裏が、人の体の中で一番汗をかきやすい場所だという事を皆様ご存知でしょうか?

汗にも色々と種類があり、スポーツなどで出る温熱性発汗やストレスや緊張で出る精神的発汗、辛いものを食べた時に出る味覚性発汗などがありますが、手のひらに汗をかく人はストレスが原因なんだとか。

また、足の裏は1日でコップ1杯分である200cc以上の汗をかくとも言われています。

緊張して手汗でベタベタになってしまったり、ブーツなど靴の中が蒸れてしまって脱いだら臭いが気になったり、靴下が濡れていて床に足跡がついてしまったりと、嫌な思いをする事だってありますよね。

しかし「汗をかかないようにするなんて難しいし、どうしようもない…」と諦めていませんか?

実は手のひらや足裏の発汗を抑えてくれるという嬉しい効果が期待できる「パースピレックスローション」という商品があります。発汗を抑えるってどういう事?どの程度効果があるの?といった疑問を、実際にレビューしながらお伝えします!

パースピレックスローションについて

パースピレックスローションは、医療先進国であるデンマーク製のRiemann A/S社が開発した医薬品でローションタイプの制汗剤です。

発汗により生じるバクテリアなどの増殖を抑え、汗の臭いを抑えるものが一般的な制汗剤ですが、パースピレックスローションは汗の臭いを抑えるのではなく、発汗そのものを抑えるという商品です。

男女兼用で使う事ができ、多汗症の方や緊張時に汗をかきやすい方などにオススメな商品です。

パースピレックスローションの成分やその効果とは?

アースピレックスローションには主成分として「塩化アルミニウム」が配合されています。塩化アルミニウムが汗や臭いの原因となる汗腺にダイレクトに作用し、汗腺内に角栓を形成します。この角栓がふたの役割をし、汗を抑えてくれる仕組みで特許を取得しています。

この角栓は皮膚の新陳代謝により3~5日程で自然に排出されるつくりになっていますが、パースピレックスの制汗効果もこの角栓のターンオーバー時まで持続してくれます。

なので一度塗ると制汗効果が3~5日と長時間持続し、入浴しても流れる事がなく持続するという優れものです。面倒な塗り直しもない為、持ち運ぶ必要もなく“必要なのに家に忘れてしまった”などの心配もありません。

しかし、パースピレックスの臨床実験で「65%の減汗効果が3日以上持続する」とされているそうで、持続時間はとても長いのですがパースピレックスは100%汗が出なくなるという制汗剤ではありません。

多汗症の方にオススメな商品ではありますが、人によっては汗の量が多すぎて効き目が不十分に感じる方や体質的に効きにくい方もいます。

パースピレックスとデトランスαの違いについて

「パースピレックス」と「デトランスα」は検索しているとどちらも名前が出てきてパッケージ等もほぼ同じ。どっちか偽物なのか?と心配になりますが、パースピレックスという名前は海外での呼び名であり、日本では輸入している会社(YOUUP)が「デトランスα」と名前を変えて輸入販売しているようです。

この2つの中身である成分もその効果も全く同じです。違う点としては「日本の会社を通して購入するかどうか」で、輸入するにあたり間に会社を通しているので手数料などが発生し、そのまま買うより金額が少し上がりますが、その分間に通した会社がアフターフォローをしてくれるので、困った時に連絡をすると対応してもらえて安心です。

パースピレックスとエティアキシルの違いについて

パースピレックスをネット上で検索していると似たようなパッケージ商品で「エティアキシル」という制汗剤を見かけます。

どちらも中の成分は同じで、違いをいうなら製造会社が違ったり内容量や金額が違ったりするだけです。では買うのはどちらからでも良いのか?というと、パースピレックスを買った方が良いと思います。

理由としては、エティアキシルは以前商品が通販サイト数件内で「化粧品」の分類で販売されていたようで、化粧品にしては刺激や効果が強すぎる為、商品自体の問題はなくとも販売中止の勧告を受けてしまい、商品回収をおこなったという事があったようです

商品に問題がなくてもやはりイメージというものは大事で、良くない印象や不安な印象を与えてしまった事例がある為、パースピレックスの方が安心して購入できるのではないかと思います。

パースピレックス商品の種類

パースピレックスには、「オリジナル」「ストロング」「コンフォート」「手のひら・足専用ローション」の4種類があります。

●パースピレックスオリジナル(ワキ用)

(引用:https://www.you-up.com/products//detorance-alpha)

ロールオンタイプの制汗剤で、パースピレックス商品の中で一番最初に販売されたベストセラー商品です。販売価格は1本20ml 4,800円(税込)円(税別)です。

●パースピレックスストロング(ワキ用)

(引用:https://www.you-up.com/products/complex/odor-care/detorance-alpha-strong)

ロールオンタイプの制汗剤で、オリジナルを強化した商品です。特に汗が多い方にオススメな商品です。販売価格は1本20ml 4,800円(税込)です。

●パースピレックスコンフォート(ワキ用)

(引用:https://www.you-up.com/products/country/denmark/detorance-alpha-for-sensitiveskin)

ロールオンタイプの制汗剤で、敏感肌用に開発された低刺激処方の商品です。2017年に廃盤になってしまった「パースピレックスプラス」というワキ用の敏感肌用商品の後継商品となります。

パースピレックス商品にはエタノールが含まれているので、化粧水などに配合されているエタノールで肌が痒くなってしまう方やアルコール過敏症な方は、オリジナルよりコンフォートの方がオススメです。しかし普段から荒れ方が酷い方は、使用前に医師へ相談した方が良いと思います。

販売価格は1本20ml 4,800円(税別)です。

●パースピレックスローション(手のひら・足専用)

(引用:https://www.you-up.com/products/complex/odor-care/detorance-alpha-hand-and-foot_new)

ローションタイプの制汗剤で、ロールオンタイプが20mlの容量であるのに対し、ローションタイプは100mlと容量が多いです。ローションタイプは配合されている塩化ナトリウムがロールオンタイプに比べて濃度が高いのでワキではなく手足専用となっています。

販売価格は1本100ml 4,800円(税別)です。

ローションとロールオンの違い

パースピレックスのローションとパースピレックスのロールオンの違いはどういうものがあるのでしょうか。以下にまとめてみました。

●パースピレックス「ローション」タイプ

(引用:https://www.you-up.com/products/complex/odor-care/detorance-alpha-hand-and-foot_new)

  • 手に出して使うタイプ
  • 塩化アルミニウム25%配合
  • 手のひらや足などの皮膚が厚いところに使う(塩化ナトリウム濃度が高い為)

●パースピレックス「ロールオン」タイプ

(引用:https://www.you-up.com/products//detorance-alpha)

  • 手を汚さずワキに直接塗れる
  • 塩化アルミニウム10.27%配合
  • 乳酸アルミニウム配合
  • ワキ用
  • 種類別で効き目の強さがある

制汗作用が強い分、脇にもローションを使いたくなると思うのですが、脇の下のように皮膚の薄い部分に使用するには塩化ナトリウムが高濃度だと炎症などが出てしまう可能性がある為、脇への使用はNGです。

しかしロールオンには「乳酸アルミニウム」という成分が配合されています。塩化アルミニウムが汗腺に作用する際に微量の塩酸が生成され、それにより炎症やかゆみなどの刺激が起こってしまう場合があるのですが、この塩酸による刺激を乳酸アルミニウムが緩和する役割を果たします。

手の平や足の裏などよりも皮膚の薄い脇に使う場合はロールオンを使う方がオススメです。

逆に敏感肌の方は「ロールオンの敏感肌用を足にも使えば刺激も少なく汗も止められて良いのでは?」と思うかもしれませんが、ロールオンを足裏に使っても効果はあまりないそうです。

すそわきがにパースピレックス商品は使えない!

ちなみにパースピレックスロールオンで対策できるワキガですが、ワキガの方が一緒に併発している可能性が高い「すそわきが」にはパースピレックスは使えません。

パースピレックスはデリケートゾーンに使用できるようには作られていませんし、粘膜の部分が多いデリケートゾーンは非常に刺激に弱い部分です。その部分に塩化ナトリウムという刺激の強い成分を使ってしまうと、かゆみやかぶれなどを引き起こす確立が非常に高いのです。

逆に悪化させてしまう可能性もあるので、すそわきが対策にはデリケートゾーン専用の商品を使うようにしてください。

パースピレックスの使用方法

パースピレックスはローション・ロールオンどちらも、入浴後の清潔な肌に使います。
ローションであれば手のひらや足に、ロールオンであれば脇に塗るだけでOK。塗った後はしっかり乾かします。
翌朝、塗れたタオルや汗拭きシートなどで拭き取ります。拭き取ったとはいえ浸透済みなので、朝にもう一度塗る必要はありません。

1回の使用で3~5日効果が持続するので毎日塗る必要はないとされていますが、しっかり効果が出るまで1週間程かかる事もあるそうなので、効果が出るまでの1週間程は毎晩塗布すると良いそうです。効果が出てからは週1~2回が使用目安となっています。

手足や頭皮、顔に使用する事はできる?またその効果は?

パースピレックスローションは「ローション」という名前なので化粧水のように手軽に使えそうに思えますが、手のひら・足専用のローションなので手足に使う事は可能ですが、顔や頭に使う事も脇同様にNGとされています。

「顔や頭だけよく汗をかく」という方も多いと思うのですが、パースピレックスは医薬品の制汗剤なので効き目も強くオススメされていません。

しかし「本当は顔用・頭皮用ではないけど使った」という方もいます。使われた方がおこなった使用方法としては「水で薄めた」というものです。

顔は朝に洗顔をするので本来の使用方法である「翌朝に拭き取る」という事が可能となりますが、頭皮に使った場合は髪の毛もあって直接頭皮の拭き取りが難しい為、翌朝シャンプーをするという手間が増えるようです。

しかし顔や頭皮に使用して汗の量を抑えられたという効果を実感された方も多い半面、皮膚の薄い部分へ使うには刺激も強いので痒みや炎症もおきやすいようです。顔や頭皮へのリスクも高いので注意が必要な上、どうしても使いたい場合は自己責任でおこなってください。

妊娠中や授乳中も使える?

パースピレックス(脇に塗るロールオンタイプ)は、美容外科などでワキガの手術が出来ない妊婦さんや授乳中の方へ、手術の代わりに処方されている医療用のデオドラント商品でもあります。

ローションタイプも皮膚の厚い足裏などへの使用の為、妊婦さんや授乳中の方が使っても特に心配ないようです。

しかし妊娠中や授乳中は肌の状態が不安定になりやすく、荒れやすい可能性もあるので使用する際は少量にするなど注意しながら使用しましょう。

パースピレックスローションの副作用や敏感肌との相性は?

パースピレックスは塩化アルミニウムが汗腺に作用する際に汗腺内にある水分(汗)に反応して微量の塩酸が生成され、塩酸により肌のかゆみや炎症などの副作用を感じる方もいます。敏感肌の方は特に医療品なので刺激が強いのではないかと思います。

敏感肌ではなくても「慣れるまでかゆみが出た」という方もいるようなので、敏感肌の方は特に注意された方が良いでしょう。効果が出るまでの1週間程は毎日の使用を勧められていますが、かゆみが出た方や敏感肌の方は最初から1日おきなど間を空けるようにしましょう。

副作用であるかゆみを抑える為の対策を以下の項目でご紹介します。

パースピレックスローションの副作用である「かゆみ」の対策

医薬品である上に3~5日効果が持続するというくらい効き目が強いパースピレックスは、どうしてもかゆみが出てしまう方が多いようです。かゆみを抑える為の対策として、口コミに書かれていた対策方法を一部ご紹介します。

コットンで量を調整する

直接手に出して使うローションタイプも、脇に直接押し付ける形で塗るロールオンタイプも、どちらも一旦コットンに含ませて塗るという方法です。

塗っている量が多いという可能性がある為、少し手間ではありますがそのまま塗布するよりもコットンを使用した方が量を抑えられるので、刺激が減ったという方もいるようです。

使う前の肌はきちんと乾かす

パースピレックスに含まれる塩化ナトリウムが汗腺に作用する際、汗腺内にある水分(汗)に反応して塩酸ができてしまうので、肌が塗れた状態で使用するとより塩酸ができやすいようです。
ですので、しっかり肌を乾かしてから使用するようにしましょう

塗る範囲を狭くする

足の場合指周りや脇の場合は脇の中心など、塗る範囲を少し狭めるだけでもかゆみが抑えられる場合があります。

脇汗の場合が特に分かりやすいと思うのですが、シャツなどに滲んだ脇汗を見ると広範囲でシャツが塗れていますよね。しかし、実際脇汗が出る部分は脇の中心あたりで、その汗がシャツに広くしみてしまっているだけなので、脇全体から汗が出ているように見えているだけなのです。

汗が出ていない場所にも広範囲に塗る事で、本来受ける必要のない刺激まで受けてしまう事になってしまうので、汗が出る場所を把握して塗った方が刺激を受ける事も少ないでしょう。

翌朝きちんと拭き取る

うっかりそのまま拭き取らずに忘れてしまった場合や、忙しくて拭き取る暇がなかった!なんていう方もいらっしゃるかもしれませんが、使用方法はきちんと拭き取るようにいわれているので、忘れないように拭き取りましょう。
翌朝には浸透していますが、きちんと拭き取る事により余分な薬液が取れるのでかゆみを起こす事も少なくなります。

どのような対策をしても個人差があるので絶対にかゆみや炎症がおきないという事はありません。
「刺激が減ったと感じた方もいる」と、あくまで個人差がある事をあらかじめ理解した上で対策方法を試してみてくださいね。

パースピレックスローションの通販での購入方法|Amazonや楽天など大手通販サイトと公式サイトを比較

パースピレックスの通常価格は100ml 4,800円(税別)です。

この商品は海外製で日本では未入荷商品となっており、通販以外取り扱いがなく身近に販売店はありません。

公式サイトでは基本的に個人輸入という形での購入となっているようです。Amazonや楽天などの大手通販サイトや公式サイトでの販売状況やどこが一番安いのか比較して以下にまとめてみました。(2017年12月11日調べ)

販売サイト値段メモ
公式サイト
(YOUUPという海外商品を扱う個人輸入情報通販サイト)
通常価格 4,800円(税込) 送料・梱包手数料600円※初めて購入する方限定で毎日先着100名様限り、40%オフの2,900円(税込)
amazon取り扱いなし。
(パースピレックスオリジナル(ロールオン)の取り扱いはあり)
楽天市場取り扱いなし。
ヤフーショッピング
(取り扱い店舗:ビューティフルフレンド)
3,600円(税込)シンガポールより書留郵便。送料はお届け先により異なる(例:東京都の場合、送料3890円)。
オオサカ堂
(個人輸入代行をしてくれている通販サイト)
3,001円~(税込/送料込)お任せ発送便というものがあり、発送元が通関状況を判断し、発送方法や発送国をサイト側が切り替えてくれる。
1本ではなく2本や3本など、複数購入すると割引がある。

上記を見てみると、輸入品というだけあって送料問題はネックですね。

オオサカ堂が一番安いようですが価格が変動するようなので、パースピレックスローションを初めて購入される方であれば、公式サイト(YOUUP)から購入された方が価格が安定していて、最安値で購入できます。

また、初回購入者に限り40%オフの2900円(税別)で購入できます。この条件はキャンペーンページから購入した場合のみとなり、今なら「デトランスα消臭デオソープ」もついてきますよ!

キャンペーンページはこちら▼

商品の返品・交換について

「海外製の商品で輸入して購入する」なんて聞いていると、万が一不良品が届いた場合や違う商品が届いてしまった場合に、どうしたら良いか不安になりませんか?

「海外へ電話しなければならないの?」「英語とか喋れないし…」と私も不安になったので調べてみたところ、上記でご紹介した公式サイト(YOUUP)で購入すると、商品の返品や交換は海外からの商品を個人輸入という形で購入している為、日本国内で適用されているクーリングオフ・PL法については、法的に適用外とされているので対応不可なのだそうです。

しかし万が一届いた商品が不良品であったり、違った商品が届いてしまった場合には、受け取り後10日以内にYOUUPカスタマーサービスへ連絡すると対応してもらえます。
海外商品ですがYOUUPのカスタマーサービスは日本語で問い合わせができるので安心です。

●YOUUPカスタマーサービス
0120-33-2518(年中無休:9時~19時まで/携帯・スマートフォン・PHSからも通話無料)
youup@youup.jp

また、YOUUPサイト内のお問い合わせフォームからも問い合わせは可能です。
問い合わせの返答をもらうまでに日にちがかかる場合もあるので、お急ぎの方は電話で連絡する事をオススメします。

パースピレックスの効果はどうなの?口コミを検証

パースピレックスローションを使った方の口コミを一部ご紹介します。

☆良かった!口コミ☆

汗が止まった
ブーツなどを履いて脱いだ後の蒸れが少なくなった
指の間など汗で気持ち悪かった部分がサラッと快適

 

※あくまですべて個人の感想です。

★イマイチ…な口コミ★

ムズムズしてかゆくなった
使っていくうちにかゆみが増した
手汗用に使ったけど2ヶ月経っても効果がみえない

※あくまですべて個人の感想です。

足裏の汗に関して今からの季節は特に蒸れやすいのですが、この蒸れが気にならなかったとの声がありました。また、夏場でもサンダルの裏がベタつくなども軽減されているようです。

しかしはやり効き目の強い医薬品なので、かゆみが出た方やむずむずとして気になってしまった方も多いようです。

パースピレックスローションを使ってみた私のレビュー&口コミ!

それでは早速使ってみたいと思います。使用時の私の肌コンディションは以下の通りです。

レビューについて

  • 肌の状態:乾燥肌
  • 使用するタイミング:入浴後
  • 季節:冬

パースピレックスローションは手のひらより少し大きいサイズです。外で使用する事はほとんどないと思うので特に邪魔にならないサイズだと思います。

海外製なので外箱を見ても成分などの表示が読めません…

蓋は回して開けるタイプのものです。内蓋などは特にありません。使用期限は開封後1年ほどだそうです。

中のローションは振って出しても出てきますが、容器が押すとへこむくらいの柔らかい素材なので、押し出しても良いです。透明で触るくらいではサラサラに感じるローションですが、手でこすり合わせているとほんの少しだけヌルっとしたとろみを感じました。

アルコールのような臭いで結構ツンとします。

少しわかりにくいのですが、手のひらをこすり合わせた後の手はテカテカしました。塗った後の肌はサラサラした触り心地ですが、すりガラスのようなものを触っているようなサラサラ感でした。

足に使ってみた!

お風呂上りに足裏へ使った様子もご紹介します。

▲こちらはお風呂上りの私の足裏です。

私は足裏の汗が気になるという事が普段からあまりないのですが、指の間がサラサラになると嬉しいなと思い、指のあたりを中心に使用しました。

ローションが乾いた足裏がこちら。特にベタつきなども気にならずに靴下が履けました(冷え性なのでお風呂上りに靴下を履きます)。足裏は比較的早く乾いた印象でしたが、足裏に塗る際についた手のひらは乾くのに少し時間がかかりました。

翌朝着替える時に足裏をウエットティッシュで拭き取りました。寝ている間も私は靴下を履いているのですが、拭き取る前の足裏もベタついていませんでした。

1週間この作業を毎日続けました。

パースピレックスローションを使った私の感想

私は日頃から、足裏や手のひらの汗はあまり気にならない方なのですが、足裏へ使用していて思った事は「靴を脱いだ後の蒸れがいつもより気にならなかった」という事でした。

1日ブーツを履いて移動した時でも、移動中やブーツを脱ぐタイミングで“あ、今靴下(タイツ)内は少し蒸れてるな…”と感じる事はあったのですが、それがあまり気にならなくなったように感じました。

私は「寝ている時も靴下を履いている」と先程お伝えしましたが、寝ている間や朝起きた時などの蒸れも普段からそこまで気にならない程度ですが、いつも以上に足裏がサラサラで保たれているようで快適でした。

手のひらに関しては足裏に塗る際に手についているので、特別手のひらにだけ塗るという事はしていません。手のひらも私は普段からあまり汗が気にならないので、効果があったかどうかはわかりませんでした。

かゆみや炎症は全くなく、なんとなくムズムズするという事さえもなかったです。イマイチなところを強いてあげるなら、拭き取る面倒さやきちんと乾かすという事くらいでした。

夏場であれば良い気がしますが、冬場の寒い時期に乾くまで待っていたり(ドライヤーを使うという人もいるようです)、翌朝拭き取るという手間が寒いので億劫でした。

※あくまですべて私個人の感想です。

まとめ

私が使ったパースピレックスローションをまとめると…

  • 足裏がサラサラ快適
  • ローション自体のにおいや成分は強めだけど、私には副作用などの問題は特になかった
  • 使用後乾かしたり、翌朝拭き取ったりの手間は面倒

使っていて靴の中や靴下が蒸れるという事がほとんどなく感じました。効果がしっかり出るまで1週間程かかるとあったので、1週間毎日使用しましたが、3~4日経った頃から私の場合は「1週間も毎日しなくて大丈夫だな」と思うくらいでした。

私は専業主婦の為毎日靴を履く事も少なく、元から足裏の汗があまり酷くない上にかゆみも出なかったのであまり参考にならないかもしれませんが、足裏の汗が普段から気になる方や、毎日仕事で外に出る方にはとてもオススメだと思います。

しかし、医薬品で効き目がしっかりしているので肌の状態によっては刺激を受けやすいと思います。敏感肌だけど手汗や足の汗をどうにかしたい!と思われている方もいると思うのですが、充分に注意して使ってください。

上手く使っていけば毎日を快適に過ごせるアイテムだと思います!

今ならデトランスα消臭デオソープもついてくるお得な購入ページはこちら!